休肝日を効果的に取って、ビールをもっとおいしく飲みませんか?

嫁がうるさいんで、肝臓のためにも、休肝日をちゃんと取るようにしたら、「ビールが、もっと美味くなった!」気がしますよ(個人の見解です)。

休肝日を取ったらビールがうまい!

休肝日を効果的に取る方法

はじめまして。木下です。

今まで、休肝日なんて気にしたこともなかったんですけどね。最近は、飲んだ次の日が、ちょっと体がしんどくなってきました。

先生も「そろそろ注意した方が・・・」って言うし。嫁もうるさいし。

お酒を我慢するのは辛いです。けど、やっぱり休肝日って、取った方がいいみたいなので、やってみることにしました。

脂肪肝や肝硬変、高血圧などの病気になるのは嫌だし、アルコール依存症も怖いし。なにより、大好きなビールが飲めなくなりますからね。

それに、休肝日は辛いだけじゃないんですよ。
楽しみもあります。

定期的に休肝日をとっておけば、心置きなくビールを飲めるでしょ?休肝日あけのビールは格別ですよ。それに、休肝日中の空いた時間に、お酒以外の趣味ができるかもしれませんよ。

さて、そんな休肝日ですが、どうせなら、効果的に取りたいですよね?

私は最初、休肝日の取り方がわからなくて、けっこう無駄にしちゃいましたよ。せっかくビールを我慢したのに、「それじゃあ意味ないよ」なんて先生に言われちゃって。けっこう凹みました。

この記事は、休肝日の効果的な取り方について、まとめたものです。

そろそろ休肝日を始めようと思っている方。体の調子が気になる方。末永くお酒を楽しみたい方。よかったら、参考にしてみてください。

休肝日には、効果的な日数がある

休肝日には効果的な日程がある

「お酒を飲まない日を作る」程度じゃ意味がない。

休肝日に効果的な日数があるなんて、ぜんぜん知りませんでした。

休肝日って、「お酒を飲んだ翌日は飲まない」って程度に思ってましたから。意外と奥が深いです。

まえに、お医者さんに、「休肝日を作ったほうがいいよ」って言われたことがあって、仕方なく、お酒を飲まない日を作ってたんです。

けど、効果があるのかないのか、よくわからなくて。別に体調が悪いわけでもなく、ケガの時みたいに目に見えて「治る」わけでもないし。「休肝日って、意味あんのか?」なんて思ってました。

肝機能の回復に3日は必要。

休肝日に効果的な日数は、「3日」なんだそうです。

僕の認識は、「飲んだ翌日は飲まない」っていう程度でした。そもそも日数が少なくて、休肝日になっていなかったようです。

肝臓を休めて、肝機能を回復するために、3日ぐらいかかる。もちろん、肝臓の強さや体調、1回に飲むお酒の量なども関係しますけど。

とりあえず、3日を目安にして休肝日を考えてみると良いようです。

休肝日は、連続した3日間。

たとえば、「月・水・金」とか、「1日おきに3日」とかでは効果なし、です。連続で3日間の休肝日を取ってこそ、休肝日の効果があるんですって。

週末の「金・土・日」に飲みたいなら、「月・火・水」は休肝日、とかです。

二日酔いの日は、ノーカウントです。

二日酔いは、まだ体内にアルコールが残っていて、肝臓が、アルコールを分解するために、フル稼働している状態です。休肝日のキモになる、「肝臓を休める」ことにならないんですって。

3日間の休肝日は、二日酔いのなくなった日からカウント開始です。

休肝日、どうやって過ごす?

休肝日は何をして過ごす?

でも、やっぱり辛いので!

3日間の休肝日。挑戦してみて思ったんですけど、やっぱり辛い。

で、ふと思いました。
「休肝日って、みんな、何をして過ごしてるんだろうか?」

調べてみると、休肝日に「ノンアルコールビール」を飲んで過ごしている人が多いようでした。

休肝日に、アルコールを1口でも飲んでしまうと、効果なし!

1口でもアルコールを入れると、休肝日にならない。けど、ただ我慢するのも、ストレスが溜まるだけです。

だから、ノンアルコールビールで、気を紛らせている人が多いみたいです。ノンアルコールビールなら、肝臓に大きな負担はかかりませんから。

せめて、味だけでもビール気分を味わうことができます。

お酒を飲まない日じゃなくて、ノンアルコールを飲む日に!

物は言いようですよ。
「我慢」すると辛いので、前向きに考えましょう。

休肝日は、「ノンアルコールビールを楽しむ日」です。

最近のノンアルコールビールって、美味しいのが増えてますからね。せっかくの休肝日です。あなたのお口に合うノンアルコールビールを探してみると、楽しいかもしれませんよ。

みんなの休肝日の体験談 ※個人の意見です

みんなの休肝日体験談

「検査の数値がすべて」ってわけでもないみたい。

私も以前は毎日飲んでて、休肝日なんて考えたこともなかったです。
飲みの席で、「yGTPが800」とか言ってる奴が、いまだにピンピンしてます。

ただ、、、何日か空けたあとのビールがうまいのは確実ですよ。
翌日の体調の良さにも感動です。

それを、「効果アリ」といえるかはわかりませんが・・・。

飲まない翌日は、寝起きもいいし、体調もいいです。逆に、飲んだ日の翌日の辛さが増しました。飲む量が減って、ついでに、おつまみも食べなくなったので、ちょっとだけ痩せました。

無理な禁酒はやめた方がいいですよ。

以前、禁酒にトライしたことがあります。一ヶ月でストレスから胃潰瘍になってしまいました。胃潰瘍の治療が終わってから、少しずつ元の飲酒量に戻しました。

飲みすぎもダメですけど、無理な禁酒もダメですね。

お酒をやめたらダイエット成功?

わたしは、普段からそんなに飲む方じゃないです。けど、体重は減りました。毎日の晩酌をやめたら、体重が8kg落ちました。

これも一種の効果、ですかね?

休肝日を短縮する方法

休肝日を短縮する方法

休肝日を短くする方法がある?

一般的に、休肝日は3日間以上が理想です。

でも、どうしても、「もうちょっと休肝日を短くできないかな?」なんて、甘いことを考えてしまいます。断り切れないお付き合いだってありますしね。

ただ、そうなると、自分の体の自然治癒力だけじゃ無理かな、と。なにか、肝臓の機能を助けるモノが必要です。

肝機能を助けるサプリメントを試してみる

最近は、肝機能を助けるサプリメントがたくさん出ています。

本当は、体の自然治癒力だけで、肝機能を回復するのが理想なんでしょうけどね。私はサプリメントを服用しています。

こういったもので肝機能を補助すれば、休肝日も少なくてすむかも?
なんて、邪なことを考えております。

肝機能を助けるサプリメントは、しじみエキスや牡蠣エキス、ウコンエキス、オルニチンなどが主成分です。昔から、「肝臓に良い」って言われている健康食材が主成分です。けど、だからって、しじみとか牡蠣とかばっかりを、毎日食べてられませんからね。

サプリメントで摂取するのが効果的だと思います。

【ご注意ください】
「サプリメントを飲めば休肝日が減る」ことを確約しているわけではありません。あくまでも、筆者(わたし)個人の意見です。ご了承ください。

肝機能を助けるサプリメント一覧

肝機能を助けてくれるサプリメントをいくつかご紹介します。どれも良品。甲乙つけがたい良品です。気になったものをお試しいただければ、と思います。

ヘパリーゼZ

テレビCMでも有名なヘパリーゼ。中でも、この「ヘパリーゼZ」は、独自配合なんだとか。肝臓エキスの通販限定サプリメントです。肝臓エキス、ウコンエキス、オルニチン、セサミン、L-シスチンなど。プレミアムな成分濃縮です。ドリンクと違って、持ち運びに便利なのも良いですよ。

しじみの力

しじみエキスだけじゃなくて、特殊技法でしじみの身まで、分解し濃縮されています。もちろん、オルニチンや肝臓エキスも。たった5粒にしじみ約30個分のエキスが入ってるって、なんか濃いですね。

しじみにんにく極

昔ながらの健康食材である「しじみ」と「にんにく」。なぜだか聞いただけで、効きそうな気がしてきます。それに、オルニチンとプラスしたサプリメントです。19種類のアミノ酸も配合されていますよ。

【ご注意ください】
個人的に気に入っているものから、順番に掲載しております。なにか客観的なデータに基づいたランキングではありません。ご了承ください。

私のおすすめサプリメント

私がおススメなのは、「ヘパリーゼZ」です。

ヘパリーゼはテレビCMなどで有名ですし、なかでもこのヘパリーゼZが、通販限定のサプリメントだってところが気に入っています。

持ち運びに便利なので、いつでも飲みに行けるように、常にカバンに忍ばせてますよ。

⇒ ヘパリーゼZの詳細はこちら

休肝日の効果的な取り方 まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
休肝日の効果的な取リ方をご紹介しました。

ポイントは3つです。

3日間お酒を飲まない日をつくって、その間はノンアルコールビールなどで過ごしてみる。余裕があれば、なにか趣味を見つけてみる。

で、肝機能を助けるサプリメント。
気になる方は、上に挙げたどれでもいいので、一度ためしてみると良いですよ。

特定商取引法に基づく表記