お酒がグッとうまくなる!効果的な休肝日のポイントをご紹介します。

【PR:休肝日の効果的なとり方】

休肝日をちゃんと取るようにしたら、
「ビールが、グッとうまくなった!」
気がします。

ビールを持つ笑顔の女性

休肝日の効果的な取り方とは?

休肝日って辛いけど、取らなきゃダメなんですよね。

脂肪肝や肝硬変、高血圧など、病気になったら、お酒が飲めなくなっちゃいます。
アルコール依存症になるのもイヤですし。

ただ、楽しみもあります。

定期的に休肝日をとっておけば、安心してお酒を楽しめます。
休肝日あけのビールも格別です。
お酒以外の趣味が増えるかもしれません。

さて、そんな休肝日ですが、どうせ取るなら、効果的に取りたいですよね?

最初、休肝日の取り方がわかってなくて、無駄にしてました。
せっかくお酒を我慢したのに、「それじゃあ意味ないよ」なんて言われて。
けっこう凹みました。

この記事は、休肝日の効果的な取り方について、まとめたものです。

休肝日を始めようと思っている方、体の調子が気になる方。
よかったら、参考にしてみてください。

休肝日には、効果的な日数がある

休肝日には効果的な日数がある

「お酒を飲まない日を作る」程度じゃ意味がない。

休肝日に効果的な日数があるなんて、ぜんぜん知りませんでした。
休肝日って、「お酒を飲んだ翌日は飲まない」って程度に思ってましたから。

まえに、お医者さんに、「休肝日を作ったほうがいいよ」って言われたことがあって、
仕方なく、お酒を飲まない日を作ってたんです。

けど、効果があるのかないのか、よくわからなくて。
別に病気になってたわけじゃないので、ケガみたいに目に見えて「治る」わけでもないし。

「休肝日って本当に必要?」なんて思ってました。

肝機能の回復に3日は必要。

休肝日に効果的な日数は、「3日」なんだそうです。

僕は「飲んだ翌日は飲まない」っていう程度でした。
そもそも日数が少なくて、休肝日になっていなかったみたいです。

肝臓を休めて、肝機能を回復するために、3日ぐらいかかる。
もちろん、肝臓の強さや調子、1回に飲むお酒の量も関係します。

とりあえず、3日を目安にして休肝日を考えてみると良いです。

休肝日は、連続した3日間。

たとえば、「月・水・金」とか、「1日おきに3日」とかでは効果なし、です。
連続で3日間の休肝日を取ってこそ、休肝日の効果があるんですって。
週末の「金・土・日」に飲みたいなら、「月・火・水」は休肝日、とかです。

二日酔いの日は、ノーカウントです。

二日酔いは、まだ体内にアルコールが残っています。
肝臓が、アルコールを分解するために、フル稼働している状態です。
休肝日のキモになる、「肝臓を休める」ことにならないんですね。

3日間の休肝日は、二日酔いのなくなった日からカウントを始めると効果的です。

休肝日、どうやって過ごす?

休肝日は何をして過ごす?

でも、やっぱり辛いので!

3日間の休肝日。
挑戦してみて思ったんですけど、やっぱり辛い。
で、ふと思いました。

「ほかの人はどうしてるんだろう?」

調べてみたら、
休肝日にノンアルコールビールを飲んで過ごしている人が多いんです。

休肝日に、アルコールを1口でも飲んでしまうと、効果なし!

1口でもアルコールを入れると、休肝日にならない。

けど、ただ我慢するのも、ストレスが溜まるだけですからね。
ノンアルコールビールで、気を紛らせている人が多いみたいです。
ノンアルコールビールなら、肝臓に大きな負担はかかりませんから。

せめて、味だけでもビール気分を味わうことができます。

お酒を飲まない日じゃなくて、ノンアルコールを飲む日に!

物は言いようです。
「我慢」すると辛いので、前向きに考えましょう。

休肝日は、「ノンアルコールビールを楽しむ日」です。

最近のノンアルコールビールって、美味しいのが増えてますからね。
せっかくの休肝日です。
お口に合うノンアルコールビールを探してみるのも、楽しいかもしれませんよ。

みんなの休肝日の体験談

みんなの休肝日体験談

「検査の数値がすべて」ってわけでもないみたい。

私も以前は毎日飲んでて、休肝日なんて考えたこともなかったです。
飲みの席で、「yGTPが800」とか言ってる奴が、いまだにピンピンしてます。

ただ・・・、何日か空けたあとのビールがうまいのは確実ですよ。

翌日の体調の良さに感動です。
効果といえるかはわかりませんが・・・。

飲まない翌日は、寝起きもいいし、体調もいいです。
逆に、飲んだ日の翌日の辛さが増しました。

飲む量が減って、おつまみも食べなくなったので、ちょっと痩せました。

無理な禁酒はやめた方がいいですよ。

以前、禁酒にトライしたことがあります。
一ヶ月でストレスから胃潰瘍になってしまいました。

胃潰瘍の治療が終わってから、少しずつ元の飲酒量に戻しました。
飲みすぎもダメですけど、無理な禁酒もダメですね。

お酒をやめたらダイエット成功?

わたしは、普段からそんなに飲む方じゃないです。

けど、体重は減りました。
毎日の晩酌をやめたら、体重が8kg落ちました。

これも一種の効果、ですかね?

休肝日を短縮する方法

休肝日は短縮できる?

休肝日を短くする方法がある?

一般的に、休肝日は3日間が妥当です。

でも、どうしても、
「もうちょっと休肝日を短くできないかな?」
なんて考えてしまいます。

ただ、そうなると、自分の体の自然治癒力だけじゃ無理かな、と。
なにか、肝臓の機能を助けるモノが必要です。

ちょっと、しじみを食べてみる

しじみって、昔から酒飲みに愛されている食べ物なんですって。
「お酒の後のしじみ汁」なんて言うそうです。

休肝日にしじみ汁

しじみに含まれる栄養成分が、肝臓の解毒機能を助けるんだそうです。
これなら、肝臓の負担も軽くなるし、休肝日も減らせるかもしれません。

でも、毎日しじみばっかり、大量に食べるのは辛いので、
しじみエキスが入ったサプリメントを飲んでいます。
クセもそんなにないので、飲みやすいですよ。

【ご注意ください】
「サプリメントを飲めば休肝日が減る」ことを確約しているわけではありません。
あくまでも、筆者個人の意見です。

しじみエキスたっぷりのサプリメントです。

使っている「黄金しじみ」、なんか大きくて綺麗です。
成分の含有量も、一般のしじみに比べて多いそうです。

話題の肝臓エキス300mgも配合されています。

飲みやすいし、持ち歩きやすいから、いつも鞄にひと箱入れています。
サプリメントだから、副作用を気にせず飲めるので安心です。

「しじみの力」の感想を、一部抜粋しました。

お酒を飲んで帰った日にこれを飲んでおくと、二日酔いになりにくくなりました。(男性/40代)

テレビとかで有名なサプリだったので、試しに買ってみました。期待以上に良かったです。(男性/30代)

半信半疑でしたが、本当に効果があってビックリしました。もう、飲み会では必須のサプリです。(女性/40代)

飲酒前に飲んでおくと、悪酔いしなくなりました。(女性/30代)

50歳をすぎてから、お酒が弱くなって困っていたので、助かりました。(男性/50代)

休肝日の効果的な取り方 まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
休肝日の効果的な取リ方をご紹介しました。

ポイントは3つです。

気になる方は、「しじみの力」を試してみてはいかがでしょうか?
期間限定で、初回の半額キャンペーン中です。
(キャンペーンが終わってたら、ごめんなさい)

ずっと楽しくお酒を飲み続けるためにも、健康にも気を使いましょうね。

SPONSERD LINK

Pocket